HOME > 会社案内

会社案内

「販売先顧客を満足させることがわれわれのビジネスである」

基本的企業精神

企業の信条

企業の信条

企業理念

企業理念

会社概要

社名 株式会社塚傳
創業年月日 明治45年(1912年)
設立年月日 昭和22年3月26日
資本金 12,600,000円
㈱ハリカ長野 資本金 20,000,000円
グループ合計 資本金 32,600,000円
株式数 25,200株
本社所在地 雑貨事業部 〒380-0912 長野市稲葉日詰沖1731
流通センター 〒380-0911 長野市稲葉中河原940
取引先銀行 株式会社 ハリカ長野 長野店 徳間店 川中島店 更埴店
塚傳グループ 株式会社 ハリカ長野 長野店 徳間店 川中島店 更埴店
扱い品目 家庭用品 日用雑貨 金物 家具 厨房用品 ホテル業務用品 ギフト用品  インテリア用品

会社沿革

明治45年初代 塚田傳次郎 が市内南石堂町に荒物屋を創業。
昭和16年企業合同し統制組合となり、その為個人営業を一時中止
昭和20年営業再開したが、2代目 塚田貞一朗 兵役のため22年まで休業。
昭和22年3月26日/復員後、市内南石堂町に資本金15万円を以って有限会社塚傳商店を設立、荒物雑貨商を再開。
昭和45年12月15日/株式会社塚傳と社名変更し、同時に家具部を設立。
昭和46年贈答用品専門卸のギフト部を市内南石堂町に開店。
昭和49年市内中河原の家具部の隣接地2,074㎡を購入。
昭和59年市内中河原に二階建延1,810㎡の配送センター倉庫建設、家具部の倉庫として使用。
昭和61年10月/ギフト部を別会社 株式会社ハリカ長野として発展的に独立。
昭和61年12月/ハリカ長野店を長野市若里にオープン。敷地300坪、店舗160坪。
平成1年3月/ハリカ2号店を更埴市桜堂にハリカ更埴店をオープン。
平成5年2月/ハリカ3号店として長野市里島にハリカ川中島店をオープン。
平成7年4月/社会の変化に対応すべく、業務改革プロジェクトチームを発足スタートさせる。 時代に対応した地域密着型の提案、企画に力をいれた「オンリー ワンホールセラー」をめざす。
平成7年7月/ハリカ5号店として長野市徳間にハリカ徳間店をオープン。 敷地400坪、店舗150坪。
平成8年10月/社会の変化に対応すべく、お得意様にご満足して頂くために、新しい「企業信条」「企業理念」をもって新機構を発足。スタート平成9年以降、変化に対応すべく、チャレンジを続ける。
平成10年中国貿易を強化させ、中国(主に上海、大連、広州)よりの直接貿易を強化し、小売店と取り組む。
平成10年中国貿易を強化させ、中国(主に上海、大連、広州)よりの直接貿易を強化し、小売店と取り組む。
平成10年中国貿易を強化させ、中国(主に上海、大連、広州)よりの直接貿易を強化し、小売店と取り組む。
平成11年タイ・マレーシアの流通視察を通して、アセアンからの直接貿易にもチャレンジする。
平成11年イタリア熟睡寝具・マニフレックス事業をスタートさせる。
平成12年イタリア熟睡寝具・マニフレックスの日本市場での普及を通して多くの人々の健康と熟睡をサポートすべく、マニフレックス事業部を立ち上げる。
平成13年ベトナムの流通視察を通して、ベトナム、インドネシアからの直接貿易を行う。
平成14年ホテル・病院・介護・温浴施設及び、レストラン・給食センターなどの業務用施設用品全般の直販体制を強化するため特販事業部をスタートさせる。
平成17年イタリア熟睡寝具・マニフレックスの全国小売店への卸売を強化させる。
平成17年イタリア熟睡寝具・マニフレックスのメンテナンスルームを増設する。
平成17年イタリア熟睡寝具・マニフレックスの専門店、マニランド長野 第一号店を2月千曲市(更埴店として)に全国一番の売場面積でオープンさせる。
平成18年イタリア熟睡寝具・マニフレックスのホテル・介護施設への導入をスタートさせる。
平成19年イタリア熟睡寝具・マニフレックスの専門店、マニランド長野 徳間店を10月にオープンさせる。
平成20年イタリア熟睡寝具・マニフレックスの専門店、マニランド長野 長野店を11月にオープンさせる。
平成20年イタリア熟睡寝具・マニフレックスの小売店向けリテールサービス体制の強化を図る。
平成21年長野県立長野吉田高校の100周年を記念して、校旗の新調のために寄付を行い、学校長より表彰される。
平成21年イタリア熟睡寝具・マニフレックスの専門店、マニランド長野 川中島店を10月にオープンさせる。
平成23年イタリア熟睡寝具・マニフレックスの北海道地域でのサポート体制を強化すべく、札幌市内に拠点を設ける。
平成23年東日本大震災で被災した福島県双葉町の町民が避難している埼玉県の避難所に、マニフレックスマットレスを救援物資として7月21日フラグスポートと共に100本届ける。
平成24年bj信州プロバスケットリーグの発足に際し、イタリア熟睡寝具マニフレックス・マニランド長野プレゼンツ信州vs岩手の試合をサポートする。
平成24年株式会社塚傳 創業100周年の記念行事を行う。(2月)
平成25年次の110周年を目指して、102年目のスタートとしてキックオフミーティングを行う。以降、時代の変化を見据えながら、業務改革を通して、変化に対応しながらチャレンジを続ける。
平成25年bj信州プロバスケットボールの前座として、また社会貢献の一環としてFID(知的障害者)バスケットボールゲーム 長野選抜vs東京選抜の試合をマニランド長野がサポートする。
平成25年株式会社塚傳の資本金を増資し25,000(千円)とし、グループ全体の資本金合計45,000(千円)とする。